お直ししました

おきてがみ













e0203612_10542817.jpg









                             たしか男性の陶芸作家さんの作品だったと思います

                                     粉引きのしのぎ

                                 スープカップだということでしたが

                           スープのみならず、朝のたっぷりミルクティーをいただくときに

                                よく活躍してくれるカップなのですが・・・

                                洗っているとき、手からシンクに落とした際

                                取っ手が折れてしまったんです(ショック!)

                                    傲然としてしまいました

                          ガッカリした気持ちでとりあえず、陶器用の接着剤ではりつけました

                                     場所が場所なだけに

                                  このまま使用するのは不安だし・・・








e0203612_1191142.jpg









                      食器の修繕として、日本では昔から「金継ぎ」「漆継ぎ」といわれる方法があります

                                    その方法で修繕してみました

                                  東急ハンズでその材料を購入しました

                                 金粉を混ぜて使う透明の漆と白漆と買って

                                悩んだあげく、金色でお直しすることにしました

                              折れたところを目立たせたくなくて、白漆も買ったんですけどね








e0203612_11225583.jpg









                                  目立つ金でお直ししたのは

                                  じぶんへの戒めです(;・∀・)





                            こういったお直しも、姿がよければ価値があるそうなんです

                                 古いお皿などのお直しとして・・・


                              まぁ・・・下手に直したわたしのはダメでしょうが

                                  こんなことしなくてすむよう

                                   大切に使っていきます

                                    ごめんねカップさん

                                       <(_ _)>


















                                         *





                                    
[PR]
トラックバックURL : http://shell0918.exblog.jp/tb/21425879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mische at 2013-12-08 11:53
shellさん、おはようございます♪
生まれ変わったカップ
こんなにshellさんに大切に愛されていて微笑んでいるようですょ^^
お直しした箇所がわからない位、自然に溶け込んでいます
これはもぅ、陶芸家さんとの合作ですね
気持ちって大事。。。って常日頃から思ってることですが
こんな風にひとつひとつのものを愛してらっしゃるshellさんですから
きっとこのカップも作家さんも笑って許してくださるのではないでしょうか^^
Commented by Ryochanryosuke at 2013-12-08 13:56
お久しぶりです~
このカップ、折れた場所が良かったですね。
お直しが「けしき」になっていると思いますよ!
しかし、上手に直していますね~
Commented by イノぶた at 2013-12-08 20:32 x
私は物を大切にする気持ち ちょっと忘れかけていたかもしれません。
ちょっと勉強になりました。

これからは 残念が少なくなったらいいなぁ~って思えました。


とても綺麗に修復されてますよ!
金色も ポイントになっています。

Commented by suzu-clair at 2013-12-08 23:05
すごいですね。
金継ぎや漆継ぎの技術でお直し、
なかなか難しいのではないでしょうか。

私は、お気に入りにかぎって
壊してしまうことがわりとあるのですが・・・(汗)
shellさんのように大切に愛情をかけて使うこと、
見習わねばと思いました。

本当に素敵なカップですね。
これからもshellさんのもとで、
大事に時を刻んでいかれるのですね。
Commented by shell-0918 at 2013-12-09 08:30
mischeさん


だったらいいんですけど・・・^^;

このカップ・うちに来て1年ほどなんです

何年も大切にきれいに使っていたわけじゃないので

情けないなぁっと思います

形あるものはいずれ壊れていくのかもしれませんが

ちょっと早すぎ

これからは丁寧に扱ってやって大切にしますね

あいがとうございます


Commented by shell-0918 at 2013-12-09 08:35
Ryochanryosukeさん


折れただけで欠けてなくなった部分がなかったので

接着剤でくっつけただけで形が元に戻せたから

あとの作業は簡単でした

でも姿よく仕上げるのはむずがしいですね ^^

Commented by shell-0918 at 2013-12-09 08:42
イノぶたさん


そうですねぇ

扱いが丁寧だったらこういうことにならなかったと思うと

やっぱりちゃんと直してあげたかったんです

思わぬアクシデントもあると思うけど

今回はわたしの扱いが乱暴だったと反省してます

お気に入りのものはそう簡単に捨てられませんしね

大切に使っていきたいです ^^


Commented by shell-0918 at 2013-12-09 08:48
すずさん


接着剤ではった後あきらめる気持ちもあったんですが

金継ぎのこと、思い出したんです

東急ハンズにそれがあったことも・・・ ^^

はじめての作業だったので充分なことはできませんでしたけど

まぁまずまずの出来だと思います

もっと姿よく仕上げるには訓練が必要だと思いますが

・・・もうしなくてすむに越したことはないですね

大切に丁寧に扱うがいちばん! ^^


Commented by mako at 2013-12-09 13:52 x
こんにちわ
先日のダム湖散策の折にshellさんの真似をしてコーヒーを持参していきました
その折、持って行ったのは100均で買ったマグカップ^^
猫の後ろ向きの絵柄
これなら落としても大丈夫のつもりでしたが
こういうのに限って落としませんね

それにしても
ギリシャ彫刻のうようなカップですね
そして、修復の腕もお見事な仕上がりです  ^^v
Commented by Kirakilamoon at 2013-12-09 14:40
こういう模様かと思いました。
修繕したと言われなければわかりませんよ。
カップも大切に使ってもらえて
幸せですね~♪

shellさんは心が綺麗な人だな~^^
だから写真もそんな人柄が表れて
美しいんだな~と思いました。
Commented by shell-0918 at 2013-12-09 22:28
makoさん


猫ちゃんのマグカップですか?カワイイやつかなぁ^^

わたしも100円ショップのぞくの好きです

自然の中で飲むコーヒーって格別ですね


カップの作者のお名前がどうしても思い出せなくて・・・

その方が偶然わたしのブログを見たらどう思うんだろうって思います^^;



Commented by shell-0918 at 2013-12-09 22:33
kirakiramoonさん


ありがとうございます ^^

そんなふうに言ってもらえる人間なのか

ちょっとはずかしいです


使い勝手がよくて大きさもわたしの理想だし

形も気に入ってて・・・好きなカップだったから

あきらめきれなかったんです

これからはもっと大切に扱います  (~_~)


by shell-0918 | 2013-12-08 11:46 | 手しごと | Trackback | Comments(12)

日常のあれやこれや
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30